写真

履物とは?

履物とは、靴、サンダル、ブーツなどを含む足に着用される物の総称です。

履物の役目

履物の一番大切な役目は、足の裏や足の甲等を守る事です。
特に足の裏は歩く時に地面と接触し、また全体重がかかる所です。酷使すれば角質化して非常に丈夫になりますが、トゲや尖った物等の危険物に対しては充分に対応出来ません。
この様な事に対して、足の裏を守るために下面を覆う板・布等を用意し、これを足に固定するようになったのが履物なのです。
紐で固定するようになったものが草履やサンダル等、つま先の上の辺りを覆うようにして、引っ掛けられるようにしたものが「スリッパ」、また足の甲やかかとまですっぽり覆うようにしたものが「靴」と呼ばれます。

履物の構造

履物の構造

履物の構造は、足を包むものと、足の親指・人差し指で鼻緒を挟むものの2つに大別されます。
足を包む構造の代表的な物は靴です。靴はそれ以外の履物に比べ、覆う面が多いために足を保護する機能がとても優れており、足の裏だけではなく、甲の方も保護してくれます。
しかし、通気性や足の運動性はあまり良くありません。特に足の指を動かす事がほとんど出来ないものが多いです。
2本の指で鼻緒を挟む草履や下駄などは、「足の指に力が入る」「足のバランスに良い」「足を締め付けない」などの点が優れていますが、慣れないと足の指の間の鼻緒が痛いという問題があります。
また、包み込む構造の物に比べると、保護する機能が劣ります。
しかし、近年では鼻緒が健康に良いと言われ始めており、足の指に力が入ること、足が締め付けられないこと等の理由で、子供に履かせる学校や親が増えているそうです。
また日本は高温多湿なので、夏を靴で過ごすと暑くてつらいことや、浴衣が再び見直されてきた事などにより、下駄や草履も見直され、普段履きとして使用する人が増えてきているようです。


履物のサイズ

履物のサイズ

足は、一日の中でも時間と共に大きさが変化します。
最も大きくなるのは午後3時頃で、起床直後と比べると体積が約19%も大きくなってしまいます。そのため、ほとんどの靴には靴紐やマジックテープ等で内径を調整する機能がついています。
日本には「靴は夕方に買え」という諺があります。
これは、体積が大きくなった状態の足に合わせて選んでおけば、朝や昼に買った靴が夜には小さくなっていた、という間違いを防ぐ事が出来ることを示しています。


・セルシオ http://www.imcshop.com/




HOME | | サンダル | スリッパ | 下駄 | 草履 | 草鞋 | 足袋 | 外反母趾 | サイトマップ